お肌のごわつきにはホットタオルと濡らさない洗顔、とどめの保湿

By: bagaball

頬を中心としたごわつきや手触りの悪さに悩んで居ました。顎を中心としたフェイスラインは粒粒としていて、つい触ってしまいたくなるコンディションでした。いつものケアは水で泡立て洗顔、手のひらで化粧水、乳液で特別丁寧でもありませんが、泡を十分に立てたりして雑と言うわけではありませんでした。肌のごわつきが気になると、思わずこすったり、引っかいたりするため色素沈着やトラブルが絶えませんでした。ごわつきの原因は保湿にあるとよく言いますが、肌を柔らかくすることももしかしたら重要なのではないかと思い、お風呂上がりのような柔らかな肌を目指してスキンケアを見直しました。

まず第一に考えたのはお風呂を再現するために、ホットタオルを使用することです。熱すぎると負担になるのでぬるめのお風呂の温度を目安にしました。小さめのハンドタオルなら電子レンジで20秒であっという間にできます。ホットタオルを1分ほど当てた後は、いよいよ洗顔です。洗顔のポイントは濃密な泡ですが、ここで一つポイントがあります。顔は水で濡らさず、泡立てた泡をそのまま顔に乗せて行きます。ホットタオルで十分に毛穴は開いており、肌も柔らかくなっていますから問題はありません。この方法は濡れた顔に泡を乗せると、水ぽくなってしまうのを防ぐことを目的としていて、顔を水で濡らした時と比べて、密で硬い泡で洗顔することができます。石鹸を泡立てるときには、あらかじめ一度手を洗っておくことも忘れないでくださいね。泡立ちが全然違います。泡乗せ洗顔はくるくると転がすようにしたり、ポンピングしたりして毛穴の汚れを取り除くのにも最適です。

洗顔後は保湿をしっかりするようにしました。手でのパッティングを止めて、コットンパックを毎回することにしました。コットンがないときはティッシュペーパーで代用したりもしました。化粧水で全部湿らせるのはもったいなかったので、精製水や水道水で薄めて使ったりもしましたが、効果は得られました。肌の上にしばらく置くことが保湿と柔軟化に大事です。仕上げに乳液をさらっとつけて終了です。
この方法にしてから肌のごわつきは気にならなくなりました。毎朝時間が少しかかりますが、1日2回しているのもいいのかもしれません。