美白に憧れた少女時代、そして40代の現在は~

By: Pedro Ribeiro Simões

「ちょっとあなた、帽子をかぶりなさい、日に焼けるわよ」

私は小学生の頃から、母から外出時の日焼けにこうるさく注意されていました。若い時から日に焼けると、歳をとってから顔にシミができるし、首にもシワができるというのが母の自論らしかったのです。小学生当時の活発なおてんば娘だった私には、母の言葉の意味などとうてい理解出来るものではありませんでした。帽子や日傘など、思いっきり走るのにむしろ邪魔なだけ。

ところが中学生になると、だんだんと異性の目も気になってきます。毎朝学校に行く前に、鏡をじっとのぞき込む。ムッ、なんだろうこの黒い点、頬の肉の盛り上がったところにできている・・・えっこれってシミ?これがシミなの?今思い返せば、私の美白への憧れが始まったのはその時からでした。

私がまずとった行動は、真冬だろうが顔を中心にSPF30以上の日焼け止めを塗る、登下校にはつばのある帽子を被る、なるべく下を向いて俯き加減で日陰を歩く、電車で窓際に立たない、ちょっとした買い物にも何かを首に巻く、暑くても袖のある服を着る、こういった毎日の行動で、周りの同級生たちに将来差をつけていこうとする作戦でした。

シミに効果があるというものは、片っ端から試してみました。今ではシミの危険性もあるといわれているレモンやキュウリパック、飼っていたウグイスのふんで顔を洗ったり、緑茶をシミに塗ってみたりと。洗い流すだけで肌が白くなるというクリーム、あれは結局何だったのでしょうか。現在ではUVクリームシリーズなどは、年間を通して使用が当たり前のものになっていますが、当時の中学生にとっては日焼け止めを塗ることさえ珍しいことだった中で、涙ぐましい努力といえましょう。

高校生にもなると、美顔器なるものも購入し、ビタミンCが入っている飲み薬や塗り薬も購入。確かに寝る前に塗ると、シミが薄くなったような気がします。お金がかかるので結局エステには通えませんでしたが。そして40代になった現在もやっていることといえば、ガーゼでこした米ぬかパックとウグイスのふんでの洗顔は継続中です、お肌がしっとりスベスベになるし、独特の香りも癖になっています。また、庭でとれた緑菜にグレープフルーツやアセロラを混ぜたジュースや、高齢期予防の為に始めた朝鮮人参茶で午後はホッと一息いれています。

最近この歳になって感じるのですが、美肌にはお金をかけての外からのケアだけでなく、内側からも心身ともにリラックス出来ることも大切なのではないでしょうか。

美肌になるために重要な生活習慣とスキンケア

By: Luca Nebuloni

美肌になりたいと思っている人は多いでしょう。しかしなかなか上手くいかないという人も少なくはありません。美肌になるためにはスキンケアが重要になりますが、同時に生活習慣も美肌には重要になります。

たとえば睡眠が不足している人は肌のターンオーバーがきちんと正常に働かなくなります。人は睡眠中に肌が古い角質を剥がして新しい肌に生まれ変わって肌の健康を保っています。しかしこの睡眠が不足してしまうと肌の角質は上手く剥がれ落ちなくなるので結果その古い角質が毛穴に詰まったり肌荒れを起こす原因にもなるのです。ですので睡眠は最低でも6時間はとるように心がけましょう。

また、食生活も重要で脂っこい食事や糖質の高い食べ物はニキビなどの原因になります。ですのでそうした物はなるべく控えて、野菜などもしっかり食べるようにしましょう。野菜に含まれるビタミン類は肌の健康を保つために必要な成分ですので美肌効果も高いです。なので野菜はなるべく多く摂るとさらに美肌へと近づくことができます。

スキンケアに関しても大切で特に洗顔はやり方を間違えてしまえば肌を傷つけてしまうことにもなります。1日のうちに2回以上洗顔を行っている人がいらっしゃるようですが、実はこれも肌を傷つける原因の一つです。皮膚の表面には皮脂が膜を張った状態になっていることがほとんどですがこの皮脂はニキビの元にもなるものです。

しかし同時に肌の乾燥を防ぐものでもあるので皮脂を落とし過ぎると今度は肌の乾燥などを引き起こしてしまいます。ですので洗顔は1日1回を目安にするように心がけましょう。また洗顔を行う際にも泡立てネットで洗顔料をしっかり泡立ててさらにその泡を指先で泡立ててキメを細かくしてください。こうすることで汚れの吸着がさらに良くなるので重要な作業です。

後は洗うだけですが、決して擦らないように心がけて洗顔を行ってください。そして泡を洗い流す際には洗顔に掛かった時間の2倍の時間を掛けて洗い流すことで汚れをしっかり落とすことができます。このように生活習慣やスキンケアをする際には少し工夫して行うことで美肌に近づくことができるのです。

お肌のごわつきにはホットタオルと濡らさない洗顔、とどめの保湿

By: bagaball

頬を中心としたごわつきや手触りの悪さに悩んで居ました。顎を中心としたフェイスラインは粒粒としていて、つい触ってしまいたくなるコンディションでした。いつものケアは水で泡立て洗顔、手のひらで化粧水、乳液で特別丁寧でもありませんが、泡を十分に立てたりして雑と言うわけではありませんでした。肌のごわつきが気になると、思わずこすったり、引っかいたりするため色素沈着やトラブルが絶えませんでした。ごわつきの原因は保湿にあるとよく言いますが、肌を柔らかくすることももしかしたら重要なのではないかと思い、お風呂上がりのような柔らかな肌を目指してスキンケアを見直しました。

まず第一に考えたのはお風呂を再現するために、ホットタオルを使用することです。熱すぎると負担になるのでぬるめのお風呂の温度を目安にしました。小さめのハンドタオルなら電子レンジで20秒であっという間にできます。ホットタオルを1分ほど当てた後は、いよいよ洗顔です。洗顔のポイントは濃密な泡ですが、ここで一つポイントがあります。顔は水で濡らさず、泡立てた泡をそのまま顔に乗せて行きます。ホットタオルで十分に毛穴は開いており、肌も柔らかくなっていますから問題はありません。この方法は濡れた顔に泡を乗せると、水ぽくなってしまうのを防ぐことを目的としていて、顔を水で濡らした時と比べて、密で硬い泡で洗顔することができます。石鹸を泡立てるときには、あらかじめ一度手を洗っておくことも忘れないでくださいね。泡立ちが全然違います。泡乗せ洗顔はくるくると転がすようにしたり、ポンピングしたりして毛穴の汚れを取り除くのにも最適です。

洗顔後は保湿をしっかりするようにしました。手でのパッティングを止めて、コットンパックを毎回することにしました。コットンがないときはティッシュペーパーで代用したりもしました。化粧水で全部湿らせるのはもったいなかったので、精製水や水道水で薄めて使ったりもしましたが、効果は得られました。肌の上にしばらく置くことが保湿と柔軟化に大事です。仕上げに乳液をさらっとつけて終了です。
この方法にしてから肌のごわつきは気にならなくなりました。毎朝時間が少しかかりますが、1日2回しているのもいいのかもしれません。